<< 楽器を吹くときの口の形(アンブシュア) | main | オーボエの練習教材 >>
2014.10.21 Tuesday

リードだけで音を出してみる

0
    JUGEMテーマ:大人からの音楽レッスン



    アンブシュアを確認しながらリードだけで音を出してみましょう。

    リードのコルクの部分を右手で持って下唇に当てます。鼻から大きく息を吸い込み、リードをくわえてアンブシュアの形を作ります。リードの先端を舌先で押さえて、お腹から息の圧力をリードにかけます。

    この状態で「ter」と発音する感じでリードから舌先を離します。出来るだけ長い時間真っ直ぐな音を出してみましょう。

    リードだけで吹いたときの音は「C」の音が理想です。下腹でしっかりと息を支えましょう。喉を締めたり唇でリードを締め付けてしまわないように注意しましょう。


    角度を確認する

    リードを右手で持ち、口にくわえてアンブシュアの形を作ります。その状態でリードから手を離し、口だけでリードを支えます。そのときのリードの角度がそのままオーボエを構えたときの調度よいあなたの角度となります。

    一般的には斜め45度と言われていますが、人によって歯形が違いますから人によって合った角度は違うものです。下を向きすぎも上に向きすぎも良くありません。

     
    コメント
    コメントする