2016.07.02 Saturday

オーボエの練習教材

0

    JUGEMテーマ:大人からの音楽レッスン



    オーボエは最も難しい楽器としてギネスブックに認定されているくらい習得が難しいことで知られています。

    ですからオーボエ奏者は他の楽器に比べて極端に少なく、オーケストラでさえ1人か2人くらいしかいません。学校の吹奏楽部ではオーボエ奏者がいないケースも決して珍しくないほどです。

    そのような状況ですから街中の音楽教室にもオーボエを教えられる先生はほとんどおらず、吹けるようになるには本で独学するしか方法がなかったわけです。


    そんな中、ついにオーボエの練習DVD教材が発売されました。

    それがこちらです。 

         ↓↓↓
    【オーボエ3弾セット】オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1〜3弾セット


    講師は佐藤亮一先生という方です。

    佐藤先生はコンサートを開催するなど自身の演奏活動を行うかたわらオーボエ教室を開いており、さらに関東を中心に中学・高校の吹奏楽部でオーボエの講師としても活躍しています。

    ですから、教えるということにおいては長けた方ですので安心して取り組むことが出来ますね。

    その裏づけのひとつとして、世界的に著名な元オーボエ奏者からも推薦をもらっています。

    サンプル動画をご覧ください。

    オーボエを吹いてみたいけれど、本だけでは理解できない、教えてくれる人も近くにいないとお悩みであれば、このDVD教材で練習してみてはいかがでしょう。

    >>  【オーボエ3弾セット】オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座1〜3弾セット


     

     

     

    2014.10.21 Tuesday

    リードだけで音を出してみる

    0
      JUGEMテーマ:大人からの音楽レッスン



      アンブシュアを確認しながらリードだけで音を出してみましょう。

      リードのコルクの部分を右手で持って下唇に当てます。鼻から大きく息を吸い込み、リードをくわえてアンブシュアの形を作ります。リードの先端を舌先で押さえて、お腹から息の圧力をリードにかけます。

      この状態で「ter」と発音する感じでリードから舌先を離します。出来るだけ長い時間真っ直ぐな音を出してみましょう。

      リードだけで吹いたときの音は「C」の音が理想です。下腹でしっかりと息を支えましょう。喉を締めたり唇でリードを締め付けてしまわないように注意しましょう。


      角度を確認する

      リードを右手で持ち、口にくわえてアンブシュアの形を作ります。その状態でリードから手を離し、口だけでリードを支えます。そのときのリードの角度がそのままオーボエを構えたときの調度よいあなたの角度となります。

      一般的には斜め45度と言われていますが、人によって歯形が違いますから人によって合った角度は違うものです。下を向きすぎも上に向きすぎも良くありません。